カートに商品が追加されました

カートを見る

5001円~10000円お土産陶芸品

赤膚焼の鹿皿

¥6,380

送料無料(一部地域を除く)・ポイント還元・Amazon Pay対応
奈良工芸物産の紹介でロンドン・パリにて展示された芸術的な逸品。
鹿をモチーフにした工芸品は多いですが、小川二楽の窯では伝統的な形です。                            
商品詳細

奈良の伝統工芸品「赤膚焼」

乳白色のやさしい色合いの素地に、朱色や緑色を軸として施された奈良絵文様が特徴的な赤膚焼は、奈良の伝統工芸品。

奈良絵は室町時代から江戸時代にかけて成立した短編物語『御伽草子』を題材にしている説、釈迦の前世と生涯を説いた『過去現在因果経』の写本の一種『絵因果経』を写している説など、諸説あります。
古都奈良で生まれた、歴史とものづくり文化の狭間にある珠玉の工芸品です。

表情がひとつひとつ異なる奈良の鹿皿

赤膚焼工房に生まれ育ち、幼少期から制作活動の一環に触れ、約40数年間「大和の素朴さを表現したい」という思いのもと赤膚焼職人として作陶する、小川二楽による鹿皿。

一点一点手作りのため鹿の表情にも個体差があり、まるで古都奈良の寺院で一休みしているかのような姿勢がなんとも可愛らしく愛着の湧く1品となっています。
お料理はもちろん、お菓子などを盛り付けるのにもちょうどいい大きさ。
柔らかくやさしいタッチで象られたを奈良の鹿を眺めながら、癒しのひとときをお過ごしください。