カートに商品が追加されました

カートを見る

お土産お歳暮甘味~3000円

【本家菊屋】御城之口餅

¥2,500

送料無料(一部地域を除く)・ポイント還元・Amazon Pay対応
「御城之口餅(おしろのくちもち)」は、豊臣秀吉が「鶯餅」と名付けて400年受け継がれてきた粒餡を餅で包み、きな粉をまぶしたヘルシーな1口サイズの餅菓子です。
商品詳細
お支払い方法

400年以上続く奈良名物「御城之口餅」

奈良名物「御城之口餅(おしろのくちもち)」は、豊臣秀吉が「鶯餅」と名付けて400年受け継がれてまいりました粒餡を餅で包み、きな粉をまぶした1口サイズの餅菓子です。
時代は古く、全国にある鶯餅の原型という説のある素朴でヘルシーな餅菓子です。
製造元である本家菊屋が郡山城の大門を出て城下町の1件目角に位置したことから「城の入口で売っている餅」から「城之口餅」と通称が付けられ現在の商品名になっています。

厳選された素材を使った逸品

小豆は国産のものだけを厳選し、北海道十勝産や丹波産を使用した最高級小豆を使用。
餡を炊く釜は、今ではほとんど見かけない蒸気で一気に炊き上げられる丈夫な砲金の大釜を使用しており火力があるので炊き上げる時間が短く、仕上がりの良い餡になっています。
また、国産青大豆を使ったきな粉と近江産の餅米を使用し、餅米から餅をついて作っています。
餡、餅、きな粉がとにかく美味しい自慢の逸品です。

創業天正13年、奈良で最古の老舗菓子店

本家菊屋は天正13年(1585年)創業、その歴史は400年以上に渡ります。
明治維新まで郡山藩のお城の御用を務める菓子司として歴代藩主様とのお付き合いが続き、お殿様の柳沢堯山(ぎょうざん)公の御染筆「一口残(美味しかったので後で食べるのに一口残しておこう)」も伝わっているほど。
郡山藩御用達のご進物中心の菓子屋として代々美味しい菓子を創ってきました。
菓子を通じて社会の役に立つことが本家菊屋の仕事です。
奈良は大和郡山に訪れた際には長い歴史を誇る本家菊屋に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。