カートに商品が追加されました

カートを見る

5001円~10000円お土産ファッション

【岡井麻布商店】ボディーバッグ

¥8,720

送料無料(一部地域を除く)・ポイント還元・Amazon Pay対応
柿渋染の麻の風合いを生かしたボディーバッグ。ポケットもたくさん付いているので、小物収納に便利。
背中部分はメッシュ素材の生地で蒸れにくくしました。体にフィットしやすく、アクティブに動けます。
底のフックを切り替えることで、右利きと左利き両方に対応できる便利な仕様です。
商品詳細
お支払い方法

岡井麻布商店 ボディーバック

柿渋染の麻の風合いを生かしたボディーバッグです。
ポケットもたくさん付いているので、小物収納に便利。背中部分はメッシュ素材の生地で蒸れにくくしました。
体にフィットしやすく、アクティブに動けます。
底のフックを切り替えることで、右利きと左利き両方に対応でき、ちょっとしたお出かけにぴったりなボディーバッグです。

岡井麻布商店の想い

岡井麻布商店は創業1863年の奈良晒の織元であり、古くから受け継ぐ織りの技術を残しつつ、時代に合ったものづくりをしていきたいと考えています。
日々の生活の中で使いやすいもの、何度も使いたくなるようなもの、シンプルなデザインで麻の素材を生かせるものを考え、手作りにこだわった麻製品を製造しています。

奈良晒について

「奈良晒」はあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、良質の高級麻織物です。江戸時代に入って奈良町にとって主要な物産となり、隆盛期であった江戸中期には奈良町の住人の9割ぐらいは何等かの意味で奈良晒に関係していたといわれるほどだったようです。
徳川幕府の御用達品として認められたことが奈良晒の名声を高めることになり武家や町民の贅沢品として、裃や夏のひとえものとして用いられていました。
しかし、明治維新後は需要が激減し、その後、麻織物や絹・木織物の続出により晒業者は徐々転業や廃業に追い込まれました。そして現在では伝統工芸の分野として小規模に生産されているにすぎません。しかし、現在も伝統工芸品として多くの方に愛用されています。