カートに商品が追加されました

カートを見る

5001円~10000円お土産奈良の伝統・名産ギフト桜井市社寺・工芸品雑貨

【聖林寺】赤膚焼小皿

¥7,260 - ポイント

送料無料(一部地域を除く)・ポイント還元・Amazon Pay対応


蓮の花びらをかたちどった聖林寺オリジナルの赤膚焼小皿です。
和菓子や洋菓子などを乗せるのにぴったり。「聖林寺」の文字入りです。

商品詳細
お支払い方法

赤膚焼小皿(宝相華)

蓮の花びらをかたちどった聖林寺オリジナルの小皿です。

国宝 十一面観音像と同様に国宝に指定されている光背の一部「宝相華」はアカンサスと呼ばれる植物がモデルになっています。アカンサスの花は紫色をしているため、奈良絵では珍しい紫色を特別に作ってアカンサスの花を描いています。

小皿の右上には曼荼羅に現れる篠笛を吹く天女を描いています。

聖林寺について

聖林寺の創建は古く、奈良時代の和銅5年(712)に、談山妙楽寺(現 談山神社)の別院として藤原鎌足の長子・定慧(じょうえ)が建てたとされています。幾度か火災に遭い伽藍が焼失しますが、江戸時代中期、大神神社の僧侶・玄心律師が再興。以後、神宮寺との交流が深くなり、天台寺院である妙楽寺の山内にありながら、聖林寺は真言宗の律院として明治時代まで栄えることとなりました。

現在の本尊である子安延命地蔵は、江戸時代中期文春諦玄が建立し、安産・子授け祈祷の寺として、その霊験は広く知られるところです。

聖林寺 国宝 十一面観音

日本彫刻の最高傑作のひとつといわれる、聖林寺 国宝 十一面観音。

760年代(天平=奈良時代)に東大寺の造仏所で造られたとされています。慶応4年(1868)に聖林寺に移され、昭和26年(1951)には日本最初の国宝のひとつに選ばれました。

均整のとれた仏身、豊満な顔立ち、量感のある上半身、優婉な纏衣の美しさ、微妙な変化をみせる指先。長い年月を経て多くのものを失ったとはいえ、その美しいお姿は今も、多くの人々を魅了しています。

レビュー